資産運用をより身近に、より安定的に

株式会社新日本コンサルティング

まにわく12号

  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
  • まにわく12号
応募金額
¥82,100,000
募集金額(優先出資枠)
¥19,500,000
※募集総額 ¥39,000,000、うち弊社での劣後出資 ¥19,500,000
募集終了|完売
421/100
募集期間
抽選
06/01 12:00 〜 06/17 17:00
予定年分配率
10.0%
インカム
予定運用期間
6ヵ月
2024-07-01 〜 2024-12-31
募集単位(一口)
10万円
最低口数:1口〜
配当サイクル
3ヵ月
初回配当日 2024-10-15

このファンドに応募する

おかげさまで、完売いたしました。
投資シミュレーション(1年後)
予定金額 万円
まにわく 銀行定期
税引前収益
△税金(源泉徴収)
税引後収益
※試算数値はあくまでもシミュレーションであり、将来の成果を約束するものではありません。
※銀行定期はメガバンク数行の定期預金(1年)のデータをもとに比較しています。
※シミュレーションの結果は概算値です。
※2037年12月までの税金(源泉税)には、復興特別所得税が含まれます。
物件概要
周辺エリア 特徴
まにわく12号ファンドの特徴
物件名称 リッチハウス
所在地 東京都調布市多摩川1-3-2
交通 京王線 「西調布」駅 徒歩7分
京王相模線 「京王多摩川」駅 徒歩17分
土地面積 109㎡
建物面積 1階:71.16㎡
2階:71.16㎡
総面積:142.32㎡
物件種目 共同住宅
構造 木造スレート葺き2階建
築年月 平成元年12月築
間取り 1R×10戸
備考 株式会社K-PLAN(不動産賃貸管理会社)
マスターリース契約
2024年5月中旬に大規模修繕完了

※運用ファンドは早期償還する可能性がございます。
まにわく12号

調布市について

調布市は、東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置し、新宿副都心へ15キロの距離にあります。
市の東は世田谷区、北は三鷹市、小金井市、西は府中市、南は狛江市および多摩川をはさんで稲城市、神奈川県川崎市に接しています。
新宿駅からは京王線で約20分でアクセスができ、京王線の以外にも京王相模原線、小田急線などの路線が通っており、都心部へのアクセスが便利です。
そのため、調布市は多くのサラリーマンやOL、学生などが住む人気のエリアとなっています。
次に、調布市は閑静な住宅地が広がっています。
都心に比べて比較的静かで落ち着いた環境が整っており、家族連れや単身者、高齢者など、さまざまな層の人々が住みやすい環境が整っています。
また、調布市は自然環境にも恵まれています。
多摩川や調布の森など、豊かな自然が広がっており、住民の憩いの場として親しまれています。
この自然環境は、住宅地としての魅力を高める要因の一つであります。

まにわく12号

調布市の特徴

東京都のちょうど中心あたり、多摩地域の東端に位置する調布市は、東京23区+市部の25市中で4番目の人口を有しています。
「自由の女神の形」とも言われており、世田谷区や三鷹市・狛江市など都内の複数の自治体と接しているほか、一部は神奈川県川崎市にも隣接しており、各地へのアクセスに便利です。
市の中心は京王線の調布駅で、八王子に向かう本線と神奈川県の橋本に向かう相模原線の分岐点になっています。
調布駅から新宿駅までは特急に乗れば2駅で行け、都心に通勤する人たちのベッドタウンとしても有名です。
また、市内はバスの交通網が発達しており、近隣の市へ行く場合も含めてバスでの移動の便がよくなっています。
市内には国立大学法人の電気通信大学をはじめとした複数の大学があり、学生も多く居住しています。
調布駅の周辺にはパルコなどのファッションビルも充実しており、若々しい雰囲気が漂っています。
産業としては農業やホッピーなどの製造業も行われていますが、第三次産業がとくに盛んです。
中でも、映画・映像関係の撮影所や会社が多く、市も「映画のまち」として観光用にアピールしています。
「映画のまち」をはじめ、調布市は他にも観光地としての見どころが多い市です。
味の素スタジアムで行われるJリーグの試合や野外コンサートなどは、市外からの大勢の客でにぎわいます。
そのほかにも深大寺や新撰組ゆかりの土地など、歴史の風を感じられる場所も多いです。
また、毎年夏には「調布市花火大会」が開かれます。多摩川の河川敷で行われ、約9000発の花火が打ち上げられる一大イベントです。
調布市はNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台になったことで、名が知られるようになりました。
実際にドラマのモデルとなった漫画家の水木しげるさんが居住しており、「ゲゲゲの鬼太郎」に会える街として観光スポットになっています。
調布駅からすぐの天神通り商店街に「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪たちのモニュメントが並んでいるほか、深大寺には「鬼太郎茶屋」があり、多くの観光客でにぎわっています。

参照:オウチーノニュース

まにわく12号

12号ファンド特徴

まにわく12号ファンドについて
当社では創業以来、築古物件再生事業を積極的に取り組んでおり
築古一棟収益物件を改修し付加価値を付け投資家様へご提供しております。

当物件は2024年5月中旬に大規模修繕を弊社で執り行い、内装外装ともに再生いたしました。

昨今、空き家問題がメディアで取り上げられるようになっていますが
景観を壊すのはもちろん、事故や犯罪などのに繋がることが懸念されています。
また、最近では「SDGs」と言う言葉を度々、耳にするようになりました。
持続可能開発目標は多くの企業も取り組んでおり、社会的評価の指標の一つになっています。

不動産に関わる企業も無視できないテーマになってきました。
そこで「まにわく12号ファンド」は創業来、取り組んできたアパート再生事業案件を組成いたします。
アパート・マンション再生だけではなく今後、築古一戸建て再生事業も検討しており
微力ながら社会に貢献できる企業を投資家様と共に目指したいと考えております。

※早期償還の場合、運用終了の2週間前までに出資者様のご登録いただいておりますメールアドレスにご連絡いたします。

まにわく12号

マスターリース契約について

本物件は不動産賃貸管理会社の株式会社K-PLANとマスターリース契約を結んでおります。
詳しくは下記仕組み図をご確認ください。